ブログ

着物に必要なものって?

 

  着物に必要なものって? 

 

     まずは着物を着るのに必要なものを知りましょう。

  洋服に比べると小道具が多いと感じるかもしれませんが

  ここに書いているものは、キレイに着るために必要なものばかり。

  仕組みがわかると、とてもシンプルです。

  

  ①着物

  ②帯

  ③襦袢(一部式または二部式で半衿をつけた状態のもの)

   二部式襦袢

     img_0331

              半衿

     %e5%8d%8a%e8%a1%bf

   襦袢とは着物に汗汚れなどをつけないようにするためのものです

   半衿とは着物の衿を汚さないように保護するためのもの

   現代では刺繍入りなど、おしゃれの意味もあります

   長襦袢(一部式)=上から下までつながっているもの

   二部式の襦袢=上と下が分かれているもの

  

  ④衿芯

   %e8%8a%af%e8%a1%bf

   半衿に通して使用します

  

 ⑤肌着

   肌着&裾よけ(上下別)

   または、ワンピース型のものでも可

   これから購入される方は、えりぐりの大きくあいているものをオススメします

  

 ⑥足袋

   %e8%b6%b3%e8%a2%8b

   冠婚葬祭は白足袋が基本です

   おしゃれ用に色足袋、足袋ソックス、別珍足袋などもあります

  

 ⑦腰紐

   モスリン・ポリエステル・絹などの素材のものが一般的です

 ⑧伊達締め

   %e4%bc%8a%e9%81%94%e7%b7%a0%e3%82%81

   紐を締めた後、細かなシワを押さえるために使用します

   襦袢に一本、着物に一本 合計二本

  

  ⑨帯板

   %e3%81%8a%e3%81%b3%e3%81%84%e3%81%9f

   帯にシワが寄らず、美しく仕上げます

  

  ⑩帯枕

   %e6%9e%95

   帯の形を作るのに使用します

   帯枕にガーゼをかぶせておいて、それを前で結びます

   年齢に応じて枕の厚み・サイズなど変化します

  

  ⑪帯揚げ

   飾り帯揚げとも言うように、帯枕にかけたガーゼを隠す意味

   と、美しく見せるためのものです

    16-11-05-22-32-35-412_deco1

 

  ⑫帯締め

   形をつけた帯結びを固定するための紐を帯締めといいます

   平たいもの、丸いもの、振袖用の豪華なものなど様々です

 

  ⑬バッグ・お草履

  以上、ここに書いているのは必要最低限のものです。

  ※着物用クリップ、仮紐は別途

  

  その他、

  コーリンベルト・補正用パッド・和装用ブラジャー

  その他流派ごとに考案された、様々な便利用品などなど・・・もあります。

  補正はタオルがあれば代用できますし、便利用品はあれば便利

  なければなくても可というところでしょう

  お台所の便利グッズと同じ!買った時は楽しくて使うのですが

  時間が経つと、やはり使うのは基本的なものばかりという感じです。

  これだけ見ると、小物を揃えるだけで大変!

  と思われるかもしれませんが、お洋服とは違って一旦揃えてしまえば、

  足袋以外は何十年と使用できます。

  もしかしたらご実家やご親戚など、眠っているものがあるかもしれません

  し、着物の場合は代々使えるところがまた素晴らしいのです。

  きもの着付けさくらではまでの最低限のものを使用した昔ながらの着

  付け方法を指導致しております。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る