ブログ

白い半衿ならどれでもOK?!

こんばんは

「きもの着付けさくら」講師の藤田梨香です。

 

9月に入り、単衣の季節になりましたね。

 

何を着て良いか、と言うより悩むのは帯とか小物合わせではないでしょうか?
 

 

 

今日は半衿を取り上げてみたいと思います。

 

9月、着物は単衣。半衿は諸説がありますが遅くてもお彼岸の頃までには絽や麻などの夏物から塩瀬やちりめん地のものに変えていきます。
普段着物の場合は、そんなに難しく考えなくても大丈夫です。

ただ半衿を絽とか麻などの夏物にするなら帯揚げ帯締めも夏物にする。

半衿を塩瀬に変えるならば帯揚げ帯締めも夏物ではないものを使用するようにされたほうが、統一感がありまとまると思います。
この半衿、以外と大切なのが色!

皆さん基本は白の半衿。ですよね。

 

白と一口に言っても、この写真のように

真っ白、柔らかな白、黄みがかった白、カキの身の色のような白、など様々な白があります。


(違いがわかりますかー?

わかりにくくてすみません)

 

お顔に一番近い部分ですので、

 

似合う白

 

を合わせられるとお顔映りが良く、お肌が明るく若々しく感じられます。

 

逆に似合わない白の場合、お肌がくすんで見えたり、シミなどのトラブルが目立ったり。。。

 

少ししか見えない部分ですが、あるのとないのとでは大違い!

レフ板のような効果もあり、大切なところなんですよね〜♪

 

パーソナルカラー診断で

似合う半衿の色もわかっちゃいます

 

http://kimonosakura-n.com/parsonalcolor-consultation/

 

ちなみに私はパーソナルカラー、サマーですのでソフトホワイトがぴったり!

 

 

 

さぁあなたはどんな半衿がお似合いでしょうか^_^

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る