ブログ

きものクローゼット診断

こんにちは

KIMONOスタイリスト ふじたりかです。

 

長崎はところどころでまだキレイな紫陽花を見ることができます。

↑こちらは長崎駅

 

ひと口に紫陽花と言っても、色や形も様々なんですね。

「ダンスパーティー」とか「ミセスクミコ」なんて名前も・・・

眺めていると雨の鬱陶しさも忘れてしまうほどです。

 

 

さてさて、

ブログに書きたいことは山のようにありまして、

今日はその中から『クローゼット診断サービス』について。

こちらはパーソナルカラー診断を受けられた方のみのオプションメニューとなりますが

お客様がお持ちの着物・またはお洋服を拝見し、一緒にコーディネートを組み立てたり

必要なもの不要なものの仕分けをしていくというサービスです。

内容はお客様とのご相談によって変更も承ります。

 

 

長崎市のKさまから

着物のコーディネートまでをお願いしたいというご依頼を受け、行ってまいりました。

 

なんと、お着物はタンス二棹分!

ご実家から、義母様からなどいただきものも沢山あり、一人では整理がしきれないとのお話でした。

 

 

この時点で、普段に着る紬・絣系、色無地、小紋、訪問着・付け下げと

大きく分けています。

頂き物の着物はサイズも確認し、着れるものと手直しが必要なもの、

手直ししてまでも着ないと判断するものなどに分けていきます。

その際にもパーソナルカラーを用いて、お手持ちの中でお客様をより若々しく魅せることのできるもの

は残し、そうでないものはコーディネート次第で似合わせるコツなどもお伝えしています。

 

Kさまの場合は

子どもさんの入学・卒業式へ向けてのコーディネートまでご希望でしたので

着たいお着物を決め、合わせて帯や小物までコーディネートさせていただきました。

 

お着物はこちら。

薄いブルーグレーに様々なお花柄の入った訪問着。

帯には大輪の紅白菊。

Kさまのパーソナルカラーはサマー。

ブルーグレーはお顔映りも良く、お似合いの一枚でした。

帯揚げ・帯締めもお手持ちの中からコーディネートしております。

 

帯揚げをピンクパープルにチェンジ。

重ね衿もパープルを入れてみました。

 

 

次は帯をシルバーにチェンジ。

小物はそのままです。

 

 

髪飾りやバッグまで揃えてみました。

こうしてみると帯締めの色が強くて目立ちすぎている感じがしますね。

こうなると欲が出て帯締めが欲しくなる!

という流れになることもありますが、販売は致しておりませんのでご相談の上で。

 

こんな感じで今回は約3時間のクローゼット診断となりました。

Kさまの場合は仕分けしたお着物、帯をタンスに戻す際にも

分類がきちんとできたことでわかりやすくなり、

必要なものだけを取り出すことができ楽になられたようです。

 

 

きもの着付けさくらの

クローゼット診断サービス

↓↓↓

http://kimonosakura-n.com/parsonalcolor-consultation/

 

お問合せ・ご予約はHPのお問合せフォームまたはLINE@のトークから

またはお電話でもTEL090-4998-8530

お待ちしております。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る