ブログ

五つの美+αを意識する

五つの美+αを意識する

 

 

私ども山野流着装教室では

山野流の創始者山野愛子が提唱した「美道五原則」を理念としています

髪・顔・装い・精神美・健康美

着物を着る時は、メイクも髪型もふさわしく

内面と外面が伴いこの五つが揃ってこそ、トータルでの美しさが表現される

のだと思います

 

 

16-02-01-14-25-33-320_deco_convert_20160201143640

 

そしてこれにもうひとつ

+αとして、私が加えたいと思うのは

所作・しぐさ です

 

着物の所作は、見た目の美しさプラス着崩れを防ぐという意味もあります

・腕は腰の高さより上には上げない

・腕はむき出しにしない

(手先を挙げる時は、必ず反対側の手でたもとを押さえます)

・内股でいつもより歩幅を狭く

・背筋を伸ばして

・バッグは左手に持ち、右手先で軽く上前をおさえる

・椅子は浅く腰掛ける

以上ほんの一部

 

書き出すと、細かく大変なことのようですが

着物を着ると自然とこのような動きになると思います

右手を出すときには左手を添える(反対も同じ)

物を拾うときは一度きちんと止まって膝を曲げて座ってから拾う

階段の上り下りは右側を少しつまんで裾が汚れないようにする

など・・・

ひとつ手間が必要なのです

 

 

それを面倒と取るか

または優雅と取るか

 

 

美道五原則+αを意識して

トータルでの美しさを目指しましょう!

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る