ブログ

2017サマーシンポジウム 二日目♪

こんばんは

kimonoスタイリスト ふじたりかです。

 

山野流サマーシンポジウムへはじめて参加しました。

会場の山野学苑は東京代々木駅から徒歩3分ほど。

なのに、方向音痴のわたしは今回も迷子。。。

ギリギリなんとか間に合ったから良かったものの毎回困ってしまいます。

 

スケジュールいっぱいの研修会。

二日目はコースを選択することができ、私はコミュニケーションクラスを希望しました。

まずはこちら↓↓↓

 

テレビでも有名なジェイソン先生の

「きもニケーション」の講義から。

 

オリンピックを控え、また近年は外国人観光客が多いこともあり

外人さんに着物を着せる際の英会話について学びました。

 

英会話

と聞くと、流暢に話さないといけない。

とか、私にはとてもムリ!!

と思いがちですよね。

ところがジェイソン先生いわく、

「外国人は上手な英語を求めて来ているわけではない!

日本人とのコミュニケーションを取ることがとても嬉しく思い出に残ることだよ」

と教えてくださって納得。

「きもニケーション」とは「きものでコミニケーション」

の略だったのです。

私達が海外へ行った時の気持ちを考えるとそうかもしれませんね。

あまりに上手な日本語で応えられるより、身振り手振りでもお互いに気持ちが通じることは

とても嬉しく、また思い出にも残る気がします。

 

①歓迎のことば

②自己紹介

③相手のことを知る

そのための最低限の英会話バッチリ習得してきましたよ~!!

これから外国のお客様に着付けをするのが楽しみです!!

 

そして次はこちら

ペップトーク

というもの。

やる気を引き出す魔法の言葉

ということで、試合前に選手の力を引き出す!とか

生徒さんのモチベーションを上げるのにも使えるトーク法です。

 

知って良かった!と思うことばかり。

こんな風に講義が続きました。

 

 

その後振袖・訪問着の帯結びの講義・実技

講習法と続きます。

 

新作の帯結びもステキでした。

 

ビューティークラスではメイクの講習なども行われ、

山野だからこその多彩な研修内容です。

 

早朝から夕方までみっちり研修で、終わったら即空港へ!

とても有意義な研修内容でした。

 

 

今回の研修を通して感じたこと。

山野流の良さは着付けの美しさだけではありません。

精神面も含めたトータルの美。

その中でも日本女性として生まれたからには着物を着ることができて

似合うことは特別な権利なのですから、大いに着ましょう。楽しみましょう!

という雰囲気があります。

着物はこうでなければならない!

というような堅苦しい感じはどこへ行っても、どの先生にお会いしても感じられないんですよね。

皆さん自由です(笑)

私のように若く(この世界ではです!)経験もまだまだ浅くても、すっと受け入れてくださる。

山野流と出逢えて良かったと心から思います。

他の流派を知っている私が言うのですからホントです!

山野のすすめみたいになってしまいましたので今日はこのあたりで・・・

 

 

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る