ブログ

着物で眼鏡橋から出島まで〜②

昨日の続き。。。

葦船は眼鏡橋から、堰を超えて

(樺島町の有志の皆様!)

鉄橋をくぐり

日本最古の橋、出島橋の下へ

後ろに見えるのは十八銀行本店。

そして最近完成しました出島表門橋の下へ

そしてラストは出島ワーフまで。

観光丸と、山の上に見えるのは稲佐山。合成写真のようですね(^^)

他の方の写真では遠くに女神大橋も見えていましたよ。

私は一日中着付けをしていて、ほとんど外に出られませんでしたが(笑)

きもの乙女プロジェクトとして、このイベントに関わることができとても光栄に思っています。

演者さんをはじめ、皆様の着物選びからお手伝いすることができ着物を通して沢山のご縁をいただきました。

田上長崎市長様のお着物も、半衿、着物、羽織紐、帯、足袋までパーソナルカラーに合わせてコーディネート!

(実際診断はしておりません。あくまでも予想です(^^;;)

あまり崩し過ぎないように、お着物はベーシックな紺色ですが、半衿をラベンダー、羽織紐はパープル系でさし色にしています。

あまり着る機会がないとのお話でしたが、身長180㎝を超える長身でお着物もとてもお似合いでした!

これを機に、たまには着物も着てくださると嬉しいですね。

↑ヘアメイク担当は夏秋さん。

長崎在住ですが、東京でCMやテレビのお仕事もされてらっしゃる美容師さんです!

素晴らしい方に囲まれて、素晴らしいイベントに参加させていただきました。

きもの乙女プロジェクトは、長崎にきものの人を増やし、長崎をもっと華やかな町にしたいという取組みです。

イベントは企画から準備、片付けまでとっても大変てすが、ひとつのことに向かってみんなて創り上げる楽しさと、後の達成感はなんとも言えないものがあります!!

また夏頃にはイベントの計画も?!

皆様お楽しみ(^^)

その時はぜひ遊びに来てくださいね!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る