ブログ

伊達締め(だてじめ)とは??

こんにちは

KIMONOスタイリスト ふじたりかです。

 

長崎は梅雨入りしてからずっと晴れ続き!

給水制限の声もチラホラというところでしたが、やっと降りだしましたね。

あまり降らないのも心配になりますが、降るとどんより。。

なんて都合の良い。

どんより気分を吹き飛ばせ!と、たまには甘ーいスイーツフォトです。

 

(おススメ! ブランチotto出島さん)

 

さて今日は、

着付けの準備品としておたずねの多い『伊達締め(だてじめ)』についてご紹介します。

 

写真左手、赤いのは博多織のもの。

右手は全体がゴムように伸び縮みするものです。

この他にもシャーリング状にゴムが入っているもの。

流派によっては、それにとめ具がついている独特のものもあります。

 

使用するのは、浴衣の場合一本、襦袢に着物を着る場合は二本ご用意ください。

用途は胸の部分に紐を締めたあと、細かなシワを抑えたり、凸凹をできるだけ抑える。

また衿元の崩れを防止するためのものになります。

その他に、バストの大きい方の場合は、胸おさえの補正用として使用することもあります。

 

これから新しく購入される場合、お手頃なのはゴムで伸び縮みするタイプのものですね。

こちらは数百円からあると思います。

博多織の正絹のものがお値段は張りますが、長く使うことができますので、私は博多織の

ほうをおススメします。実際私のは祖母のものですから数十年?は経っていますが、

未だに使えていますよ。

 

着付けの際は伊達締め二本ご用意くださいね~!

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る