ブログ

水色の色無地に可愛い帯結び

お天気にも恵まれた一日。

先日のお客様です。。。

こちらのお客様との出逢いはかれこれ10年以上前。

もとは子供達のピアノの先生なのですが、その後もお付き合いさせていただいてます。

忘れもしないのは、私がまだ着付けをはじめて2〜3年の頃。先生が主催されている舞台の着付けを依頼され、まだまだ経験も浅く無知だった私は自分なりに考えて精一杯のことをしたつもりでした。。。

ところが、舞台が終わった後、ある着付けに詳しい方が舞台袖まで来られて先生に着付けのダメ出し!

先生は

「そうですか。わかりました。」

と冷静に受け答えているけど内心は嫌な気分だろうな、私のせいで先生に迷惑をかけてしまった。と側にいて内容も丸聞こえの私は悲しいのと悔しいのとごめんなさいという気持ちでいっぱいになって涙が出てきました。。。

先生はその方を丁寧にお相手した後、私に仰ってくださいました。

「藤田さん。技術だけならもっと上手な人は沢山いると思います。でもね私が、あなたを選んだんですよ。あなたにお手伝いして欲しい。あなたに着せて欲しいと思ったからお願いしたんですよ」って。

この言葉が沁みました。

技術はもちろん大切で常に磨き続けなければ

ならない。でもそれだけではないという事。

お客様が気持ち良く着物を着て、一日を過ごすことができるようにあらゆる点に気を配る!

選ばれる着付師になろう!!

先生に久しぶりにお会いしてこのことを、思い出していました。

ステキな先生でしょう!!

いつも気にかけてくださることに感謝してきます。

先生のお着物はこの季節にぴったりの桜の刺繍が入った訪問着。

お嬢様は水色の色無地に一つ紋のお着物。

袋帯で華やかに、帯結びは二枚扇のアレンジで片方に2枚づつの羽根。

重ね衿えりは入れずにすっきりと。

この日は雨の予報だったので、コーディネートは二つのパターンを考えていました。

晴れた場合と雨だった場合。

晴れの日のパターンを着ていただけてなんだか嬉しい一日でした!

着付けをご予約いただいたお客様とのお打合せはサービスにて行っておりますのでお気軽にお申し付けくださいね。

その他のお客様も、有料にはなりますがコーディネートのご相談、着付けに必要なお品の確認などのお手伝いもご利用ください。

(料金は1h¥3000。プラス交通費¥500市内の場合)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る